エッセイ 女王様の退屈

第2章 女王様の退屈


「あー、つまんない、 つまんない。」

女王様は今日も退屈し ているご様子です。

「あーつまんない、つ まんない。」

ほら、またです。今の 内に何とかしなければ大変なことになるぞ。

「私がここに来てもう どれくらいになるんだろう。」

ついに始まりました。 このフレーズが始まるともうだれにも止められません。

「私は今、幸福なんだ ろうか?いや、あれからずっと不幸なんだわ。あの時、あーしていなければ、こんな風にはならなかったのに。あーくやしい。あー、退屈だ。さあ、何でもいい から、お話をしておくれ。」

女王様はお話が大好き で、退屈になられると決まってお話をおねだりになられるのです。

こ れは、小さいときからの決まり事のようなもので、誰かが、お話をしてさしあげないと、必ず、大暴れして、村人をとても困らせるのでした。そのお話をしてさ しあげるのが、関白としての私の役目なのです。お話は何でも構いません。歌でも、なぞなぞでも、愚痴や誰かの悪口でも、場合によっては、わざと女王様に喧 嘩をふっかけてもよいし、時にはご自分でもものまねもなさいま す。

とにかくお話をしなけ れば、快くおやすみになってはいただけないのです。

 


もどる