エッセイ 女王様の退屈

第5章 パンツ


その晩は同窓会がある とかで女房が留守で、適当に夕食を済ませ、1人でシャワーを浴びた。

鬼の居ぬ間のなんとや ら、明日までは1人だ からのんびりできる。そんなことを考えながら、シャワーから上がりテレビに見とれながら、パンツをはこうとして片足を上げた。

ところがどういうわけ か、挙げた方の足の小指が、パンツの縁にひっかかってしまった。すぐに足を下ろせばすむものを、そのまま片足飛びをしてバランスを取ろうとしたのが間違い の元だった。私はそのままバランスを失って 後ろ向きにひっくり返り、後頭部をしこたま床で打ってしまった。割れてしまうかと思うほどの痛みで頭全体がしびれている。すぐには立ち上がれないまま、私 はいろんなことを考えてしまった。小指はパンツの縁ににはさまったままだ。

『大したことがなかっ たから良かったけれど、もし、もっと強く頭を打って死んでしまってたら、まず第一発見者は明日帰ってくる女房になる。足の小指のにパンツをはさんだまま、 素っ裸であおむけになって死んでいる亭主を見つけて、どんな反応をするだろう?』

いくつかの答えが頭に 浮かんだ。

第1の答え;『姿を見 て大笑いし、死んでるのに気づいて号泣する 』

第2の答え;『死んで るのに気づいて号泣するが、その姿を見て大笑いする。』

同窓会から帰ってきた 女房に早速聞いてみるとどちらでもなかった。

第3の答えは『とりあ えず泣くが、葬式が終わってからゆっくり笑う 』であった。

 

もどる